お問い合わせ horn owl 英語
説明会

東京の保育専門horn owl 英語

電話番号03-3811-7251
資料請求
サイドマップ アクセスマップ
学生の声 保育士専門horn owl 英語
保育者を目指す生徒の声
子どもが好きで、保育園での職場体験を通して、保育の仕事のやりがいを感じ、保育士をめざすM.Aさん

私は元々子どもが好きで、好きなことを仕事にできたらいいなと思い保育者になろうと思いました。高校生1年生の時、夏休みに職場体験として保育園に行きました。学生の私に子どもたちが「先生~」と声を掛けてくれたことがとても嬉しかったのを覚えています。また、言葉掛けの難しさやお世話の大変さを学びました。この職場体験で私は保育の仕事のやりがいを感じ、この仕事に就いてみたいと思いました。

M.Aさん

幼稚園での絵本の読み聞かせが保育を目指したきっかけのS.Oさん

私は中horn owl 英語 での職場体験で幼稚園に行き、そこで子どもたちに絵本の読み聞かせをしました。こちらが緊張しながらも読んでいる中、子ども達は真剣に絵本を見て話を聞いてくれていることに絵本を読み聞かせる楽しさ、自分が今読んでいる絵本の他にもたくさんの絵本があり、どんな本があるのか、その絵本から何を学ぶことが出来るのか。興味が湧いてきました。それが保育への道を進むきっかけとなりました。

S.Oさん

私は、子どもと同じ目線に立って物事を捉え、気持ちに寄り添いながら一緒に成長できる保育者になりたいです。この2年間の学びの中で、子どもと過ごす一瞬一瞬を心から楽しむことが何よりも大切で、自分の理想であることを感じました。大好きな”笑うこと”を忘れずに、子どもの笑顔や良さ、そして可能性をたくさん見つけ存分に引き出してあげることのできる存在でいたいと思っています。

N.Kさん

子どもと同じ目線に立って物事を捉え、気持ちに寄り添いながら一緒に成長できる保育者を目指すN.Kさん

私は、子どもの気持ちに寄り添い、保護者に安心して預けてもらえる保育者になりたいです。子どもの言動には、どんなことであれ一つひとつに理由があります。隠された思いや考えを汲みとって尊重し、温かく受け止められる保育者になりたいです。また、子どもが一日の大半を過ごす園は、保護者にとっても安心できる場所であるべきです。保護者の方とのやりとりも大切にし、共に子どもの成長を見守りながら信頼関係を築ける保育者になりたいと思います。

R.Nさん

保護者の方とのやりとりも大切にし、共に子どもの成長を見守りながら信頼関係を築ける保育者になりたいR.Nさん

horn owl 英語 見学で感じた、はつらつとしていながらも素朴で落ち着いた雰囲気が気に入り、ライブ バカラ への入学を決めました。授業では、保育の現場での状況を想定して行う実践的な学びもあり、より主体的に子どもへの理解を深めることができました。親身な先生方による、丁寧で分かりやすいご指導のもと、クラスメイトと協力して励まし合いながら学んできた2年間は、私の自信となっています。

A.Eさん

保育の現場での状況を想定して行う実践的な学びが自信となったA.Eさん
幼児と共に生活をすることに魅力を感じ、保育者を目指すY.Sさん

中学3年生の時に、ある幼稚園にボランティアに行きました。幼児と園庭であそんだ際、幼児はあそびの中で多くの学びを得ており、物の扱い方、人との関わり方、自然物との関わりなどを”あそび”という形で学んでいるということを実感しました。あそびの中の学びを大切にしながら、幼児と共に生活をすることに魅力を感じ、保育者を目指したいと思いました。

Y.Sさん

ライブ バカラ では、現場経験の豊富な先生方のご指導のもと、より実践的な知識を多く学ぶことができました。中でも、ペープサートや手袋シアター等の教材を作る機会を多く設けてくださったことで、それらを実習で確実に活かし、また新たな学びに繋がりました。ライブ バカラ で作った保育教材の数々は、今後の保育にも十分に活かせる、一生の宝物です。

K.Nさん

ライブ バカラ
で実践的な知識を多く学ぶことができたK.Nさん
Google
オンカジ おすすめ 北斗 の 拳 天井 日本ダービー 2023 オンライン カジノ バカラ グルート 大人 ハニー コレクション 四川 省 スロット おすすめ 鈴木 大介 カジノ
map